効果絶大!ルーレットで赤が連続したときに狙えるストレートベットの数字




どうもkomeです。

ルーレットを長年やっていると、『今日は赤が12連続しやがった!』『今日は黒の7連続が最高記録だった!』なんてことを気にしながら(単なる記憶にすぎない…)勝負を楽しんでいます。私はルーレットにおける赤黒出目の連続を、大きく勝つためのに必要な要素の一つだと考えています。ギャンブル界隈でよく耳にするいわゆる『ツラ』というものですね!

今回は私がルーレット勝負中に『赤が連続した場合に狙っている数字』『赤が連続何回したら逆張りするか?』についてを軽く公開します(勝てるか勝てないかはあなた次第!)

ルーレットにおける赤が連続する確率は?!

まず、ルーレットにおける赤が連続する確率は『約1/2』です。約50%といったところですね。ルーレットには緑ちゃんの‘0`という数字がありますから、正式には『48.64%』という確率になります。

また、前後のゲームに影響されることもなく『独立事象』にあたりますので、バカラやブラックジャックのようにこれまでのゲーム結果に影響されることなく、確率はずーっと一定。いつも48.64%ということを頭に入れておきましょう!!インターネット上ではよく前のゲームで赤がきたら次に赤が連続する確率は1/4だ!だから黒にマーチンゲールで賭けましょう!みたいなバカな攻略法が出回っておりますが(もしくは間違った解釈での攻略法)赤黒がでる確率はいつでも48.64%です。

それ以外にも、大数の法則を持ち出して攻略法チックに公開しているサイトもありますが、そもそも試行回数を圧倒的にこなさないと大数の法則が働くとは言えないので、数百回、数千回レベルの勝負で『赤黒の連続』に大数の法則の話を絡めるのはおかしい話なのです。

大数の法則とは?

『確率は理論値に必ず収束する』という法則です。
たとえば、ルーレット5回の結果が赤4、黒1の場合は赤の出現確率は80%になりますよね?試行回数が5回と非常に少ないため結果が偏ってしまいますが、この試行回数が増加するたびに理論値(48.64%)に近づいていくことを指した法則です。

赤が連続した時に、黒が出現しやすく感じる錯覚

先ほどの項で『赤が連続してもいつだって赤黒勝負の確率は1/2』という話をし、変な攻略法をさんざんディスってきました。

しかし、その間違った攻略法を語りたい気持ちは十分わかりますw

だってあんまり赤だけが連続しまくる。黒だけが連続しまくることってないですもんね。実践していても5回以上の連続がたくさん出現する方が珍しいです。大体は赤or黒が3回連続して次は逆の出目に折れます。そのために間違った確率の錯覚に陥ってしまうのです。

『赤が5回連続で出現している。そろそろ黒に折れるだろう!よし!黒でマーチンゲール発動!エヴァンゲリオン発進!!』

そしてマーチンゲール失敗となります。

私もこれで何回も痛い目にあってます。

逆にこの錯覚を使って勝負するもよし!

逆に先ほどの間違った錯覚で勝負するもよしです!

どういうことか?と言いますと、さきほっども言ったように赤・黒どちらか一方の出目が連続するほうが珍しいです。大半が3回くらいで逆の出目に傾く感覚です(赤が3連続したあとは、黒が2連続のあと赤が1回みたいな感じ)

感覚的な話にはなりますが、個人的にはこういった錯覚を利用してよく勝負に挑むこともあります。『赤が3回きているし、今までの流れをみてもこれ以上続かないだろう!』と4回目は逆の黒にベットしてみたり、4.5.6回目の3回限定でマーチンゲール法を試みたり、確率は変わりませんが流れを読むというか『赤は続かない!』と決めてベットします。これが結構はまることも多いように感じます。

この場合の注意点!!

波を読みながら赤連続時の逆張り(黒にベット)をおすすめしましたが、一点だけ注意点があります。

もう皆さんもお気づきかもしれませんが、『マーチンゲール法』の深追いです!!

先ほども赤が3連続した場合を例に、逆張りのマーチンゲール法を説明しましたが、私はマーチンゲール法で追ったとしても3回までという鉄則のルールを作るようにしています。精神的にこの3回というルールは苦しいかもしれませんが、勝つまで追い続けると、必ずどこかのタイミングで痛い思いします。現に私も経験済みで、破産寸前に追い込まれたくらいですから…

そのため、このケースでマーチンゲール法を利用する場合は、私のマネをしていただき、3回までのルールというのをきっちりと守りましょう。短期的に見るのではなく、トータル的に見ればプラ転していることが圧倒的に多いので我慢しましょう。ガマン汁が出るくらいが丁度よいのです。

おっさん
結局さいごに下ネタ言いたいだけじゃろが。

赤が連続した時にわたしが狙う数字

ここからは、先ほどのマーチンゲール法で利益をコツコツあげるのとは逆でバーレー系、いわゆる『ツラ』を追っかけて利益を増加させる方法を紹介します。流れに乗っかって連勝を掴み取り、いっきに勝ち逃げにももっていきやすいのでおすすめです!

赤の1-18が2回、もしくは赤の19-36が2回続いた時が勝負!

ここはもう一度『赤が伸びる!』というツラを追いかけたいとした場合、私は単純に赤に賭けるだけではなく、赤の点数を絞ったストーレートベットに切り替えます。理由は、流れにのって利益を大きく取りたいからです。賭ける点数は6点~9点を目安に賭けていきます。

赤の1-18が2回連続した時、賭ける箇所ですが赤の1.3.5.7.9.12.14.16.18が私は多いです。もしくは赤の19-36が2回連続した時は19.21.23.25.27.30.32.34.36の数字を狙いにいきます。

6点~9点で的中すれば、(単位が100円の場合)

  • 6点の場合・・600円ベットで3600円配当(3000円利益)
  • 7点の場合・・700円ベットで3600円配当(2900円利益)
  • 8点の場合・・800円ベットで3600円配当(2800円利益)
  • 9点の場合・・900円ベットで3600円配当(2700円利益)

上記のような配当を手に入れることができます。ちょうど4倍~6倍ですね!純粋に考えれば1/2の勝負ですが、この場合、赤が連続するであろう『ツラ』を狙いにいっているわけですから、9点でも『1/2』の勝負を行っている感覚です。6点であれば『1/3』ですから当たればラッキーな高額配当ですし、流れからしても十分なチャンスだと言えます。

※ただし、もちろん外れる場合もありますのでこの手法ばかりやることはおすすめできません。

まとめ

いかがでしたか?今回は『赤が連続した時にどう勝負するか?』についてを個人的な見解でお話してきました。

赤が連続した場合、めったに起きない事象としてとらえ、マーチンゲール法で回数を絞りながらコツコツ稼ぐか。あるいは連続している『ツラ』を利用して、いっきに利益を上げるためにストレートベットに切り替える戦略を利用するかはあなたにお任せします。

以上2点の戦略を取り入れるだけでも結果は大きく変わってくると思いますので、単純に勝負するよりなにか自分の手法をつくるなり、今回の手法をパクるなりして勝率を高めていってください。また、それ以外にルーレットに関する『有効的な手法が欲しい!』と思われる方は『一日で380万円稼いだ人も!komeのルーレット有効法無料プレゼント!』を一読いただければと思います。

今回の記事が皆さんのお役に少しでもなれば幸いです♪

Source: オンカジ必勝.com




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です