1分でわかる!ポーカーにおける役(ハンド)を強さ順に並べて解説!!




どうもkomeです。

ポーカーといえば、優勝賞金10億円以上の世界大会があるように、世界的に人気のカードゲームですよね?私は普段ルーレットを好んでやっておりますが、いつかはポーカーの世界大会に出場して大金を稼ぎたい!そんな夢をずーっともっています(半分うそです)

そこで今回は『ポーカーゲームにおける役について』を紹介します。どんなゲームでもルールを覚えることから入っていかないといけませんので、ポーカー初心者のkomeと一緒に勉強していきましょう!また、ポーカーのルール自体が意味不明な方は『初心者必見!カリビアンスタッドポーカーのルール』で詳しく書いていますのでぜひご覧ください!

ポーカーの役(ハンド)強い順

ポーカーもカードゲームですので『どのパターンが強い』など当たり前に存在します。ここでは数あるカードの組み合わせの中から、強さ順に並べて説明していきたいと思います。ポーカーの役は全部9種類存在します。

ロイヤルフラッシュ

ストレートフラッシュの中でも最も強い役、つまり、同じマークで10 、J、Q、 K、 A が揃った場合を『ロイヤルフラッシュ』と呼びます。ポーカーで最も強い役です。

ストレートフラッシュ

ストレートとフラッシュが同時にできている役のことで、5枚とも同じマークで数字が連続している状態です。ストレートフラッシュ同士なら、高い数字のある方が勝ちになります。

フォーオブアカインド(クワッド)

4枚が同じ数字の状態。日本では4カードと呼ばれていますが、これもスリーオブアカウンドの時と同様、海外では通用しませんので、フォーオブアカインドまたはクワッドと覚えてください。

フルハウス

スリーオブアカウンドと1ペアの組み合わせがフルハウスです。フルハウスどうしならば、スリーオブアカウンドの数字が高い方が勝ちになります。※全員で共通のカードを使う場合のポーカーでは、スリーオブアカインドが同じ数字なら、ワンペアの数字の高い方で比べます。

フラッシュ

5枚のカードのマークが全て同じ状態をフラッシュと言います。フラッシュ同士であれば高い数字のある方が勝ちになります。

ストレート

数字が連続している状態で、マークは関係ありません。ストレート同士の場合、最も高い数字のカードを比べて、優劣を決めます。A ,2,3,4,5はA入っていても5が一番高い数字ということになり、ストレートの中では最も弱くなります。10,J,Q,K,Aの場合はAが高い数字として扱われ、一番強いストレートになります。Q,K,A,2,3といった使い方はできません。

スリーオブアカインド(トリップス)

同じ数字のカードが3枚揃う役です。日本ではスリーカードと呼ばれていますが、海外で『スリーカード』と言うと単なる『3枚のカード』という意味になってしまいます。海外でも通用するように『スリーオブアカインド』または『 トリップス』 と覚えておきましょう。これも、スリーカード同士では、数字が高いカードは勝ちとなります。

ツーペア

同じ数字のカードを2組作れると、ツーペアになります。ツーペア同士で争うときは、一番高い数字のペアを比較して強いカードの方が勝ちになります。これが、同じ数字であれば、もう一方のペアを比べます。これも同じであれば、残りのカード(キッカー)の強さで勝敗を決めます。

ワンペア

同じ数字のカードが1組(2枚)だけある状態。ワンペア同士であれば、ペアの数字の高い方が勝ちとなります。もしも、同じ数字のペア同士になったら、残りのカード(キッカー)の一番強いカード同士で勝敗を決めます。

ノーハンド

いわゆる役なし(ブタ)。数字とマークがバラバラな状態。ノーハンド同士であれば、手の中で一番高いカードを比べて強い数字を持つプレイヤーが勝ちになります。一番強いカードが同じであれば、次に強いカードで勝負します。もし、5枚すべてのカードが同じであれば引き分けになります。

ロイヤルフラッシュが出る確率は1/649,760!

強い役ほど、出る確率は低くなります。

カリビアンスタッドポーカーのようにカード交換などをせず、手持ちの5枚のカードでストレートがでる確率は1/256。フラッシュが出る確率は1/508~510。ゲーム中、通常目にすることがあるのはフルハウスまでですね。それ以上の役は4千回以上プレイしないとみることができないと言われています。ロイヤルフラッシュは、なんと1/649,760という大変稀な確率で、それだけ高額の配当がつけられています。

生きている間に一度は拝みたい…

まとめ

この記事を書いているうちに、ポーカーをやりたくなってきましたw

まずはどんなジャンルでも言えるのがルールを覚えることが非常に大切だということ。ポーカーにおいてはゲームの流れや用語。それ以上に大切なのは『役を覚えること』がとても重要かと思います。そのため、今回はポーカーにおける役の強い順を紹介してきました。

しっかりと覚えておかないと、『ロイヤルフラッシュが完成していたのに!』と後々後悔することになりますから、今回の強い役順というものを頭に叩き込んでプレーするようにしてくださいね♪

ポーカーの練習をする!

#btnc1zlb{border-color:#4797E0;}#btnc1zlb:after{background-color:#4797E0;}#btnc1zlb{color:#4797E0!important;}#btnc1zlb:hover{color:#fff!important;}

Source: オンカジ必勝.com




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です