ルーレットには勝てるチャンスが無数に転がっている。あとは掴むか掴まないか




 

どうもkomeです。

 

短い記事にはなりますが、昨日ルーレットで遊んでいて『はっ』と気づいたことがあります。

 

実は、現在私のブログの元ファンの方とカジノとは別件でお仕事ご一緒させていただいており、昨日私の事務所にきて打ち合わせをしていました。

 

iWalletに400ドルだけ残高があったので、300ドルだけカジノに入金。

 

kome
稼いだ金で昼飯でもいこや♪
元ファンの方が見つめる中、私の攻略法である極ルーレット十連法をやるには、環境的によくないと思って自分の感覚だけを頼りに勝負。ただただルーレットを楽しみながら勝てれば良いと思い、長年の経験で自分が養ってきた感覚を披露。
5分程度で8000円ほどのプラス。
その際、得意であるストレートベットを2点~11点ほど賭けたり、波やツラを読んでアウトサイドベットに賭けてパーレー法炸裂させたりして楽しんでました。
8000円の利益から5000円まで落としましたが、昼めし2人分は十分。
と、そこで元ファンの方が一言。
『なんでそこを狙ったんですか?』

 

私は『はっ!』っとなりました。

 

その方もルーレットをよくする方だっただけに、てっきり私が狙って賭けた根拠や流れが同じように見えているのかなと思っていたのです。

 

自分に感覚では波のとおりに賭けていたつもりが気づいていなかった。。

 

逆に言えば、その方は勝てる波を見過ごしていた。という事になります。

 

見過ごしていたという事は、勝てるチャンスを逃していることにつながります。

 

オンラインカジノで稼ぐには、資金管理や手法も大事なファクターになります。しかし同じくらい重要なことは『勝てる波に気づけるか・気づけないか』ということです。

 

バカラやブラックジャックには、あまり波など目を凝らして読む必要はありませんが、ルーレットには『問題は控除率じゃない!ルーレットで負ける人はこの視点を大切にね。』でも書いたように目を凝らしていろんな波を読む必要があります。

 

  • 落ちるゾーンの偏り・波
  • ビックスモール数字の偏り・波
  • 20台の数字ばかり続くなど出目の偏り
  • 赤黒の偏り・波
  • ウィール上下左右の偏り・波
  • etc…

上記のように、ルーレットは勝負の最中に数多くの偏り(ツラ)・波が発生します。もちろんその偏りどおりに賭ければ当たるというわけでもありません。賭けた瞬間に外れるなんてのもざらです。

 

しかし、波に乗っかった方が勝ちやすいのも事実。そのまま乗り続けて勝ち逃げまで引っ張っていってくれることは多いですからね。

 

あとはその波をつかめるかどうか。

 

掴むためには経験も必要ですが、どれだけ偏りや波に気づける能力(スキル)があるか。ということです。

 

波や偏りを常に意識し、集中する。だからルーレットで真剣に稼ぐための勝負は疲れるのです。疲れて当たり前です。

 

 

ちなみに一つ具体例を言うと、ルーレットの出目で

 

13.11.32.17.19.34.6…….

 

(左から過去の出目)こういった出目でどんな偏りが発生しているか分かりますか??

 

kome
気付いた人は鋭いっす!

この出目の偏りは0を起点にすべてウィールの右側に固まっている。という偏りです。

 

私ならここで迷わずウィール右側の18点に賭けます。しかも外れるまで。

 

13.11.32.17.19.34.6…….

 

こういった出目はお宝です。

 

ぜひこういった視点をもってルーレットで勝負してみることをおすすめします!

 

知識やしっかりとした視点をもって勝てるギャンブラーを目指してくださいネ!

 

kome

 

Source: オンカジ必勝.com




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です